蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 2007年12月 | メイン | 2008年03月 »

2008年01月23日

大寒の雪

瀬戸内でも、今年は大寒と共に積雪となりました。
暖冬続きでしたので久しぶりの寒の寒さです。
寒いときは寒いほうがいいように思います。
西のほうでは、夜からの雪が、屋根から落ちる音が続いたそうです。
我が家の周辺では、山に雪が張り付いていますが、ミゾレで終わりました。
なんとなく取り残されたような感じがします。
積もらないほうがいいのですが、野次馬なのでしょうか。
1日で雪は終わりましたが、寒さは続くようです。
冬が寒いのはいいのですが、そこはかとない薄ら寒さを感じるのは、いやなものです。

世の中、なんとなく閉塞感が続いているようです。
去年の「歳漢字」は偽だそうです。
今年は、寒で始まり、虚に進むのでしょうか。
節分の豆まきくらいで、すっきりしたいものです。

2008年01月08日

タイムマシン

SFによく出てきます。
時間と空間を超えて移動できる機械のことでしょうか。
あったら面白いでしょう。
ドラえもんの「どこでもドア」もタイムマシンの一種でしょうか。
ありえないように思えますが、考え方次第かもしれません。
自分に関することは、記憶という形で時間は超えられます。
空間は超えられないようですので、マシンとしては高性能とはいえないかもしれません。
情報が蓄積される脳は、一種のタイムマシンです。
ただ、自分に関してだけになりますが。

そうすると、自分以外の脳は、自分以外のことに関するタイムマシンでしょうか。
他人の話を聞くことは、タイムマシンに乗って、時間、空間を移動していることかもしれません。
当然、情報の質の差はあるでしょうから、マシンとしての性能もいろいろでしょう。
人は、タイムマシンかもしれません。
「我以外皆師」という言葉がありますが、昔の人は、他人をタイムマシンにしていたのでしようか。
最近は、自分のマシンしか操らない人が多くなっているのかもしれません。
ほかのマシンの性能が落ちているのかもしれません。
それでも、質を見極めて上手に乗ったほうが超えられる時間、空間が広がるかもしれません。

「何とか詐欺」の多い世の中ですから、乗せられないように、自分で乗ることが大事だとは思いますが。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.