蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 情報の誤り | メイン | 言葉がひっくり返る »

「まがる」「めげる」

まがると云う字を見て、突然「まがる」という讃岐弁を思い出しました。
昔は結構よく聞いていたように思います。
自分もつかったかどうかはよく思い出せません。
気にしていないので、きっと使っていたと思います。
「邪魔になる」というほどの意味でしょうが、しゃべり言葉では思い出しても字はわかりません。
「曲がる」でいいのでしょうか。
自分の行動、意思などがまっすぐ行えなくて曲がってしまうことなのでしょうか。
ふるい言い回しのようには思います。

讃岐弁は、古語が起こっていますので、「まがる」も古語でしょうか。
そうだとしたら、他の地方にも同じような言い回しがあるかもしれません。
もしあれば、どんな漢字をあてているか知りたいものです。
間借る、魔駆る、・・・おやじギャグ風に当て字はいくらでもつくれますが。
まがる、まがると思っていると、「めげる」というのも思い出しました。
壊れるというほどの意味でしょうが、これもどんな字を書くのでしょうか。
最近はあまり聞かなくなっていましたが、若い人達の間では復活しているのでしょうか。
「めげない」「へこたれない」というような意味で使われているのでしょうか。
「めげた」という言い方も聞きます。
昔の印象では、物が壊れたという感じですが、自分が壊れたというような使い方を聞きます。
前から同じような使い方をしていたのでしょうか。
こんな言葉もどのくらいの広さで通用するものか、興味があります。
解っても、それでどうしたということもありませんが。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.