蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 猛暑の隙間 | メイン | 古代の単身赴任 »

身体検査

最近、新聞などで身体検査という言葉をよく見かけます。
小学校時代にはよく聞いた言葉ですが、最近はあまり聞きなじみがありませんでした。
いつの頃からか、健康診断というようになっているのかと思います。
最も、学校から離れたせいで聞かなくなったのかもしれません。
今でも、身体検査という言葉は一般的なのでしょうか。
よく知りません。
新聞等で使っているのは、身上調査、身持ちがよいかどうかの判断を上手に言い換えているようです。
上品な言葉とも思えませんが。

それで検査の結果をいかして上手くいっているのかといえば、そうでも無いようです。
普通に言えば、検査をすれば何でもわかると思うほうがおかしいのでしょう。
病気の検査と同じです。
悪いのは見つけやすいが、悪くないとはなかなかいえないでしょう。
一般的には、「知らぬは本人だけ」ということですが、「知っているのは本人だけ」ということですか。
公の中でも、もっと公の立場になったらばれてしまったということのようです。
最も、身体検査「甲種」合格は、さっさと他に回ってしまっていて、適任者は少ないということでしょうか。
猛暑というのに、薄ら寒い気がします。
真夏の怪談話が、盆もすんだというのにまだまだ続くのでしょうか。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.