蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 左の薬指Ⅱ | メイン | 夜目、遠目、傘の内 »

3月になったとたんに、今年も燕がやってきた。
2月までは記録的な暖冬だったので、気温に誘われてやってきたのだろうか。
やってきた途端に、平年並みの寒さに戻ってしまったので、つい寒くないだろうかと心配になってしまう。
桜も早く咲くと報道されたが、コンピューターへの入力ミスだったとか。
燕も温度にだまされたのかと思ってしまう。
実際は、鳥は温度に反応するよりは、日照時間に反応して行動しているのだそうです。
そういえば、ひばりも早々に鳴き始めました。
植物は気温に反応しているのでしょうが、鳥は鳥の都合で生きているのでしょう。

暖冬から一転、寒くなってしまったら、人間でもあわてるのだから、つい燕もと思ってしまう。
自然の中で生きているのは、人間より鳥のほうが余程うまくやっているのだから、心配するのはこちらの思い上がりだったか。
現在は、巣の修復も完了して、ツガイで飛び回っています。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.