蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 正月 | メイン | 暖冬 »

「えらい」

讃岐弁では、しんどいことを、「えらい」といいます。
ほかの地方でも、同様な使い方をするところが何箇所かあるようです。
その地方に共通するのは、古語が残っているところのように思えます。
讃岐弁は、奈良方言と共通する言葉があるようです。
讃岐は、奈良興福寺などの荘園が多かったので、奈良の言葉が広がったのでしょうか。
奈良時代にすでに開発されていたところで、「えらい」がしんどいという意味に使われているのではない課と思います。
これは、特に調べたわけではなく、単に思いつきです。
そうだったら面白いとは思いますが、どうでしょうか。

「偉い」人の、責任の伴う仕事をこなすしんどさが、「えらい」という方言になったのでしょうか。
昔は、一般人も公共の話をまとめるときには、威儀を正して任務をこなしたのでしょう。
責任ある仕事を勤めるのは、「偉い」ことではあったでしょうが、同時に「えらい」ことでもあったのでしょう。その言葉が讃岐弁として、現在に残っているのでしょう。
現在では、偉い人と目される人には、すでに「えらい」ことは消えて行っているように見えてしまいます。
世間には、「えらい」ことはまだ山ほどあるように思います。
これもそのうち消えてしまうのでしょうか。
後は、自分の苦痛のみですか。
これをなんというのでしょうか。
むかつくとでもいうのでしょうか。
「えらい」時代を生きるのは「あー、えら」。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.