蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 幽霊 | メイン | 歳をとりたくない大人たち »

ガン征圧月間

9月はガン征圧月間になっています。
ガンは1個の細胞が複数の発ガンにかかわる遺伝子の変化をおこして、始まります。
そのガン細胞がほかの臓器に広がったり、転移したりして、最終的にガンを抱えた人を死にいたらします。
細胞の遺伝子が変化することは、普通のことです。また環境の影響も、遺伝子の変化をきたします。
細胞は変化をおこした遺伝子を取り除く機能ももっています。
ですからガンを避けるためには、遺伝子の変化を起こしやすくする原因を避け、さらに遺伝子の変化を感知して取り除く働きの遺伝子を弱らせないようにする必要があります。

ガンは生活習慣病ともいわれます。
生活習慣が、細胞の遺伝子を変化させるためです。
さらに、慢性の炎症も関係しています。
胃に感染しているピロリ菌と胃ガン、B型やC型の肝炎ウイルスと肝臓ガン、パピローマウイルスと子宮ガンなどが有名です。また、白血病やリンパ腫をおこすウイルスも知られています。
慢性の炎症刺激が発ガンを起こすことは、100年近く前に、日本の山極、市川の両博士が世界で始めて実証しました。
がん予防には、多くの因子が関係していますが、研究は着実に進んでいるようです。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.