蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 迷彩かアピールか | メイン | パターン認識 »

爪も髪もすぐ伸びる。
根元にある細胞がせっせと作っているためだ。
当然、手元にある材料で作っている。
材料は血液が運んでくる。
体の末端にある毛細血管だから、何かあれば流通が滞る。
ストレスがあれば血管が収縮するので、末端は補給が悪くなる。
手などを怪我しても、補給路が変わり充分には届かないかも知れぬ。
その結果、製品としての爪は品質が悪くなる。

爪は根元から先端に向かって製造順に並んでいるが、原料が一定していないと均一には出来ない。
でこぼこの爪ができる。
どの指に出来るかによって、爪も違ってくる。
材料の補給は安定していても仕入先によって品質は異なる。
仕入先は、その人が何を食べるかだ。
何を食べても体の中に入ったら一緒という訳には行かない。
爪がでこぼこになるのと同じで、体中の製品の品質も材料による。
当然生産する細胞の能力にも関係するが、能力は一定している。
酷使すれば過労死する。

体は全て作り変えられている。
贅沢か貧しい食事かは、何を食べるかによる。
素材を吟味するかあり合わせで間に合わせるか。
有り合わせでも高級な者は高級だ。
答えは出来上がった製品による。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.