蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

カレンダー

2006年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 鏡、境・・・ | メイン | 自画像 »

UFO

 最近、イギリスの国防省が、意図的にコントロールされた未確認飛行物体は確認されなかったと発表したそうです。ほとんどは、自然現象で理解できることだったのでしょう。
 私も、あれがUFOなのかなと思う物を見たことがあります。
 あれは「タロー」(犬です)と散歩をしていたときですから、もう十数年前になります。季節も覚えていませんが、寒くは無かったのでちょうど今頃の時期だったかもしれません。背後から南の山の端へ、音も無く本当にスーという感じで飛んで生きました。夕暮れにはまだ間のある時刻でしたが、西の空の色が少し変わりかかった時で、雲もほとんどありませんでした。不思議な感覚だったのは、距離とスピードの感覚が全くつかめなかったことです。アレーというような感じのうちに山の向こうに行ってしまいました。結構時間はあったような気がしますが、実際には十秒前後だったかもしれません。

輪郭のはっきりしたオレンジ色か黄色い電燈のような色でした。きらきら反射するようなことも無く、一色で濃淡も無く、また尾を引くようなこともありません。ジグザグに進むことも無く、ましてや着陸するような気配もありませんでした。あったらむちゃくちゃ恐怖だったでしょうけれども。前後径は、上空を飛んでいるジェット機の二、三倍位でしょうか。横径はその半分くらいです。高さの見当は、はっきり見えているのに全くつきませんでした。やはり成層圏外だったのでしょうか。
 UFOといわれたものの大部分は、彗星か「火球」といわれるものだそうですが、これが「火球」なのでしょうか。火球というものがどんな風に見えるものか知りません。しばらくの間は、ニュースで何か報道されるかと注意していましたが何もありませんでした。
 その後は全く出会っていませんが、もう二、三度は見てみたいし、ゆっくり観察もしてみたいと思っています。
 自然現象でしたら、出会うのは偶然でしょうけれども・・・。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.