蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 百花放斉 | メイン | 麦飯 »

食欲を調整するホルモン

 絶食などで体重が減ってくると、それに伴って食欲が亢進することは昔から知られていました。ホルモンが関係していると考えられていましたが、1994年にレプチンというホルモンが発見されました。
 このホルモンは、脂肪細胞から分泌されています。脂肪細胞の量に応じて食欲を抑える働きをします。 レプチンは脳の視床下部というところに作用します。このレプチンの作用を受け止めるところ(受容体といいます)の神経は、二種類あります。ひとつは、食欲の亢進やエネルギー消費の低下を伝える物質を発現する神経であり、もうひとつは、食欲の抑制やエネルギー消費を高める物質を発現する神経です。レプチンは前の神経を不活性化し、後の神経を活性化するそうです。
 人間でもこの作用が正常にはたいていれば、肥満(脂肪細胞の量が多い状態です)の人はレプチンが多く分泌されて、食欲が抑えられ、エネルギー消費が亢進するはずです。

 事実、肥えた人はエネルギー消費が活発(当然熱が発生します)ですから汗かきになります。体重もエネルギー消費が増えて食べるのが抑制されますので減ってくるはずです。
 ところが減量はなかなか簡単ではありません。これは、レプチンの効きが悪くなっているのです(レプチン抵抗性といいます)。このレプチン抵抗性のおこる原因はいろいろあり複雑で難解ですが、そのうちのひとつに、夜に明々と光を浴びて睡眠も摂らなければレプチンの効きがわるくなるのだそうです。
 夜、早々に明かりを消して充分に睡眠をとると、食事の摂取量がはっきりと減って減量につながるそうです。
 これも生活習慣の改善のひとつです。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.