蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 人という字 | メイン | 高層ビル »

花に嵐のたとえもあるぞ

 今年の春は天候不順のままに終わりそうです。
 彼岸の中日にツバメが到着して、巣をわずかに修復したのですが、すぐに冬に逆戻りしたかのような寒さになりました。ツバメが寒さに耐えられるか心配しましたが、よく考えてみると、本物の羽毛に包まれているわけですから案ずることは無かったと後で気がつきました。
 桜も関東で満開になってもこちらはまだまだでしたが、四月の声を聞いてやっと咲き始めましたが、満開になるのを狙ったように強風と雨がやってきました。その後は黄砂。雨がやんでも朝日は黄色く煙っていました。
 天気に合わせたように新年度がドタバタとスタートしました。色々制度も変更があったのでデータベースの設定をよたよたと済ませました。旧年度のデータはもうあまり見ることもなくなるでしょう。
 四月は新しいスタートの季節ですが、同時にスタートすれば別れですので、暮れなずむ空に肌寒さも感じてしまいます。

 花に嵐のたとえもあるぞ。さよならだけが人生だ。

 名訳だと思います。
 こんなセンスの文句を、詩でも何でもいいのですけどひとつだけでも作ってみたいと念願していますが無理でしょうね。才能の無いつらさも身に沁みる四月です。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.