蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 「脂肪細胞」の働き | メイン | 二時間半スペシャル »

今年を象徴する漢字に「愛」が選ばれたそうです。
漢字の愛好者が投票して決まったようですが、愛には意味が二つあり、どちらを選んだのでしょうか。
きっと、一般的な意味ではなく、昔から使われていた意味のほうでしょう。
昔の意味は、物でも、人にでも、執着することに使われ、否定的に使用されていたようです。
今年は、変な事件が多くありました。
金にこだわり、責任は負わず、自己がよければ他はしらない、という発想のみなのではないかと疑うばかりです。
執着が強すぎる一年だったので、「愛」が選ばれたのだろうと思います。

反対語を考えてみましたがすんなりとは思い浮かびません。
「知足」「公」くらいが意味的には合うのでしょうか。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.