蓮井内科医院
沿革 ご挨拶・診療方針 外来のご案内
お問い合わせ TOP

« 讃岐弁 「がいな」 | メイン | 「脂肪細胞」の働き »

「アブラ」の話

 アブラの漢字には油と脂の二種類あります。常温で液体になるのを油、固体になるのを脂と分けています。このアブラの主成分は、脂肪酸といいます。炭素と水素それに酸素からできています。この脂肪酸の炭素の結合具合で、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸にわけられます。講和脂肪酸は、炭素の結合がきっちりとしているため、構造もピンとしてまっすぐになります。ちょうどロウソクのようなもので、これが固体の脂です。不飽和のところが増えてくると、そこのところで折れ曲がりやすくなり、液体の油になります。
 動物は、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸は自分の体で作ることができますが、多価不飽和脂肪酸は作ることができません。植物はすべての脂肪酸を作ることができます。多価不飽和脂肪酸を採るためには、植物の産生したものを食べるしかありません。このため、必須脂肪酸と呼ばれています。

 この多価不飽和脂肪酸にも、区別があり、ω(オメガ)6系とω(オメガ)3系に分けられます。オメガ6/オメガ3の比率が小さいほど体に良いことが分かっています。オメガ3系の多価不飽和脂肪酸を多く食べたほうが体によいのです。
 オメガ6系の代表はリノール酸で、穀物に多く含まれます。オメガ3系の代表は、αリノレン酸ですが葉、根、海草、プランクトンに多く含まれます。魚は、海草、プランクトンを餌にしており、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHC)をおおく含みますがこれらもオメガ3系のアブラです。動脈硬化を防いだり、頭がよくなるなどと騒がれたこともあります。肉もその飼料に穀物が多ければ、オメガ6系が多くなり、葉っぱ(牧草)が多ければ、オメガ3系が多くなります。
 リノール酸は、ごはんや、パン、卵などに含まれる量で充分です。とくに加える必要はありません。
 魚のアブラ(EPA,DHC)は、行動に落ち着きを与え、記憶力を向上させます(ラットの実験)。人間では、魚をおおく食べる人のほうが、心筋梗塞や、動脈硬化の割合が少ないといわれています。

(c)Copyright 2005 Plando Anabuki Inc. All rights Reserved.